ブセファランドラの嫁入り

水草用タンクで養生中だったブセファランドラ(クダガン)ですが、ようやく設営位置が決まりました。 陰の水槽、左の岩山頂上です。特等席ですね!盛り上がり気味だった水苔も押さえられ、一石二鳥です。(石をつかっているだけに) 足まわりに「トリミング!!!」で収穫した水苔の一部を使い、絡めました。まるで、一万年と二千年前から、そこに存在していたかのような自然な仕上がりを演出! 蕾も出来上…

続きを読む

トリミング!!!

今回は、「陰の水槽」のトリミングです。主に、溶岩石まわりの水苔を中心にカットしていこうと思います。 光が弱めの陰の水槽でも、時間経過により、水苔が伸びています。石が見えないくらいになっています。最初と比べてみます。  ↓ 最初の様子 水苔がビッシリと生えている石はそれは、それでいいのですが、どうしても水苔がエサやらゴミやらを絡めてしまい、生え際の水の流れも悪くなるので、水苔の根元の状態…

続きを読む

石巻貝の卵

最近、水槽内に白い粒々が現れています。何なのか?カビか?と思っていましたが、どうやら、石巻貝の卵のようです。 1個に見える卵塊に、100個くらい卵が詰まっているらしい・・・ しばらく放置していると、無くなったものもありますが孵化したか、誰かが食べたのでしょうか。(少し跡は残る) 孵化しても、水槽内では石巻は育ちませんし、見た目にもあまり宜しくないので、取りたいところですけども、ブラシで…

続きを読む

アースガルドにヤマト投入

全換水から約1週間経ち、水草も根を張り始めたようなので、テストシュリンプとして、ヤマトヌマエビ2匹を投入しました。 死なせてしまっては、イケニエになってしまうので、こちらも真剣に事前水質検査、水合わせ、観察をしています。今のところ、異常は見当たりません。元気にお食事をとっておられます。 しばらくは慎重な観察を続けたいと思います。 異常があれば、すぐに笛でお知らせですよ! PR …

続きを読む

ベタ瓶、割れる!

前回のベタ瓶記事の後、どうも、瓶に水滴が付いていておかしいな、と思っていたのですが、よく見ると、ベタ瓶に亀裂が入って、水が漏れていました!ヒーターによる温度変化ではなく、メンテナンス時のビー玉落下が原因と思われます。 危うく感電&干上がって一夜干しになるところでした・・・ と、いう訳で、急遽瓶を変更しました。 以前の瓶は、口が狭くなっていないので、管理しやすかったのですが、仕方ないです…

続きを読む

水苔活着計画 進捗報告

陰の水槽で展開中の水苔活着計画の進捗をお伝えします。 前回の記事は → こちら ボリュームが増しています・・・ よく見ると、青くないけど、黒いアオミドロのようなものが・・・ 桜組☆(レッドチェリーシュリンプ)がいるのに、放置されています。好みではないのでしょうか。 絡む前にテデトールしておきました。 水苔を苗床にロタラなどを植え込んでみましたが、やはりソイルや砂がないため…

続きを読む

ベタ瓶の温度管理

ベタ瓶の水質は一挙に解決しました。 前回の敷砂変更や毬藻投入が功を奏した・・・と言いたいところですが、水質悪化の原因は、フードの与えすぎでした。サンザインが元凶でした。。。今ではニオイも無く、安定した水質を保っています。 気温が下がってきましたので、ヒーターを設置しました。サテライトへの移住も考えましたが、ビン飼いが気に入ってしまいました。 導入したのはコチラ パネルヒーター、が正式…

続きを読む

再出発

アースガルドの飼育環境見直しのため、レイアウトを一部変更しました。 水草の種類を増やし、水槽内の浄化・水質安定能力を向上させるつもりです。 まずはストックタンクに入っていたロタラなどを植えました。 さらに今回、新たな水草を導入しました。 ハイグロフィラの仲間でテンプルプラント(コリンポーサ)です。ロタラもハイグロフィラも水質安定化能力は高いようですが、生育が早いので、トリミングに追わ…

続きを読む

水槽の裏側・・・

本記事で、100記事目になります。ご愛読、どうもありがとうございました!またお会い頂ける日を楽しみにしています! じゃなくて、今後とも宜しくお願いいたします! さて、今回は、「お魚を飼おうよ!」さんでお前らの水槽の裏側、見せてみろよ?という記事がありましたので、恥ずかしながら、お見せしようかと思います。 まずは正面。 サテライトSは付けっぱなしです。進展が無いので、トリミング片などの…

続きを読む

黒ヒゲ、再び・・・

ある時、私はナナになった夢をみた。頭に黒いフサフサした花が咲いているが、夢が覚めたら、まぎれもなく、それは黒いヒゲであった。ヒゲが生えたナナの夢なのか、ナナが咲いたハナの夢なのか。きっと、黒花と黒ヒゲとの間には、区別はあっても、絶対的な違いなど無いのだろう。 もう、葉っぱごと切ってしまいましょうか・・・? 「先生!ウチのナナはどうなるんですか!」「もう切除しかありませんね・・・」「そ、そ…

続きを読む

考察

ビーシュリンプ全滅の原因のついて、考察します。いえ、考えられる限り、列挙します。  ・(主にラムズ増殖による)水質悪化(アンモニアなど) ・(主にラムズ増殖による)酸欠 ・ラムズによる圧死 ・カルシウム不足(ラムズ増殖起因含む、貝だからね) ・残餌による水質悪化 ・フードが合わず、また、コケもラムズに食べられての餓死 ・フード合わず飢えて共食い ・ソイルが合わない ・ろ過設備の能力不足 ・ろ過…

続きを読む

現場検証

アースガルドの追加水質検査を行いました。 まずは試験紙による結果  NO3:25 NO2:0 GH:4°d KH:6°d 続いて、気になるアンモニア  NH3,NH4+:0mg/l 追加試験として、シュリンプエサとプレコエサを水槽内に投下後、12時間後にアンモニア濃度を検査しましたが、結果は変わらず。 数値上では、特に原因を掴むに至りませんでした。 PR 魚に有害…

続きを読む