ベタ

ベタです。

DSC_0647.jpg

品種により異なる、大きなヒレが特徴です。
一般に、オスの方が、美しい大きなヒレを持つようです。

タイのメコン川に生息するそうです。
闘魚として品種改良を重ねた結果、観賞用のショウベタが誕生した、とのことです。

DSC_0638.jpg

オス同士は激しく争い、他の魚とも混泳は向いてないようです。
ラビリンス(迷宮)器官という酸素を吸収しやすい器官をもっているため、
エアレーションなしのガラス瓶での飼育も可能です。
ガラス瓶環境は水質悪化が早いので、
マメな水替えが必要です。

DSC_0631.jpg

うちもガラス瓶に入れて飼育しています。
水替えは、ベタ避難させたのち、
本水槽から水持ってきて全換水しています。
全換水といっても、食器洗う感覚で簡単にできます。
(もちろん洗剤は使いません)

エサをあげるために近づくと、寄ってきます。
人懐っこいですし、設置場所を選ばないので、
机の上なんかで飼うと、可愛らしいかもしれませんね。

低温に弱いので、冬の温度管理が必要です。
また、大きなヒレがヒーターに接触し、ヤケドすることがあるらしいので、
注意が必要です。

参考文献:
http://www015.upp.so-net.ne.jp/shshsh/betta/

PR

この記事へのコメント

  • シープネス

    >人懐っこい
    ペタはかなり懐くそうですね
    フレアリングというヒレを広げる行為で飼い主にアピール
    (本来は威嚇に使う)するそうです(´・ω・`)

    これから寒くなると水温の変化で水カビ病が出やすくなりますので
    ボトルアクアは特にご注意下さいm(_ _)m
    2015年09月13日 01:21
  • サンザイン

    この頃、朝晩が急に冷えてきましたからねー
    ベタ瓶は一回り大きいものに換えたんですけど、
    温度対策がすぐ必要になりそうです。
    2015年09月13日 22:18