ブラックウォーターを体験

水槽レイアウトといえば、石と木ですね。
石も木も、近くの山に拾いに行けばよいのですが、
「どんな形のを拾うのがいいかな~」と
店へ参考に行くことに。

でも、流木って、アク抜きが面倒ですよね・・・

店員さん「実はアク抜きは必須ではないんですよ、アクなんて言われて害がありそうですが、
魚に害はないんです。むしろそれを利用した水槽もあります。
こちらのディスカス水槽をご覧ください。ブラックウォーターといって・・・」

へぇ・・・そうだったのか。
勉強になったなー、と思って帰ると、なんかカバンが重いな?


1.jpg

買ってしまった!?
木や石は、きっとアクアリウム沼です!これにお金使い始めたら、沼に沈みます!
他にもカメラのレンズ沼やオーディオのスピーカー沼やケーブル沼が・・・

あ、話がそれました。
今回はブラックウォーターの魅力を体験してみます。
まぁ、体験なので、維持予定はありません。
流木のアクが抜けるのと、水替えによって、最終的には元の水質に戻るでしょう。

まずは、写真のように、表面を流水で洗いました。
次は・・・

2.jpg

どぼん、と。
なんとも立体感のある、ステキなレイアウトになりましたね!
(遊泳スペースを占領されたカージナルテトラは
 たまったものではありませんが。)

一晩経ったものがこちらです。

3.jpg

となりの陽の水槽と比較すると、
相当に色が付きました。
プレコも故郷のジングー川を思い出しているのではないでしょうか?

しばらくの間は、陰の水槽が、よりダークな雰囲気を出すことになりそうです。



PR(ブラックウォーターを意図的につくる場合の添加剤)


PR(アク抜きの定番)

この記事へのコメント

  • シープネス

    こんばんはー!

    >買ってしまった!?
    夜中に読んでいて爆笑しました(笑)
    沼でもなんでも突っ走るしかありませんね(`・ω・´)

    >ブラックウォーター
    コリドラスも故郷の川はブラックウォーターだそうで
    実家と似た環境で落ち着くわぁ・・・って感じらしいです( ´д`)
    病気にもなりにくくなり、コケも生えにくいとかで、ディスカスを育てる人はわざわざ
    ピートモスなどでブラックウォーターを作るらしいですね(´・ω・`)
    2015年09月23日 23:11
  • サンザイン

    こんばんは!

    サンザイヌマエビ:生態 サイフの中身をツマツマする

    石や木はホント、ヤバい世界なので、沈まないようにしなければ・・・

    ブラックウォーター、記事書くのに少し調べましたが、
    ピートモス煮出すとか手間かかるし、
    添加剤や葉っぱはお金かかるし、
    かといって、流木ストックして順次投下もイロイロありますし、
    維持するのは大変そうですね。

    効能は気にせず、色だけ楽しみたいなら、陰の水槽はそうなんですが、
    照明の色温度低いのにすればいいですね~

    今回のブラックウォーターは、
    1週間ほどで流木のアクが抜けると思いますので、
    一時的なお楽しみ、ってところです。
    2015年09月24日 20:35