エクソダス・ラムズ

全国のラムズファンの皆様
大変申し訳ございません。

アースガルドのレッドラムズホーンですが、
あまりに増えすぎたため、エクソダスして貰います。

1.jpg

人間の勝手でホントごめんなさい。

以前、記事にした、プレコ用タブレット、
結局、1錠しか入れてないのですが、
入れた次の日から5匹が10匹に、10匹が20匹に・・・
と、バイバインし始め、現在では計測不能な数が
水槽内を徘徊しております。

C (1).jpg

 ↑浮き草周辺のほか、ガラス面、水面にもビッシリいました


そのうち、ビーシュリンプが姿を消し、
まさか食われたか!?と、思ったのですが、
どうやら、あまりの貝の多さに恐れをなし、
陰に隠れてしまったようです。

調べてみると、食べられることは無いようですが、
貝といえども数が増すと、エサの不足、
水質の悪化、カルシウムなどの不足を
もらたす危険があるとのこと。

全員撤去はリセットでもしなければ無理なので、
取り出せる個体から順次、他の水槽に移住してもらうことにしました。

C (2).jpg

 ↑ラムズが減り、ようやく表に出てきたビーさん


移住先については、後ほどお伝えします。

この記事へのコメント

  • シープネス

    トム・ゴドウィンの【冷たい方程式】という小説をご存知でしょうか(´・ω・`)
    (wikipediaなどでも紹介されています)
    大多数を助けるために一部を犠牲にするべきか、否か
    未だに結論の出ない難問です…( ´Д`)

    私もプラティが増えすぎた時に、水槽を増やすか処分できていれば
    崩壊は無かったかもしれない…と記事を読みながら思いました(´・ω・`)
    2015年10月26日 10:17
  • YU-PAPA

    こんにちは。自然に密度が止まる数は今よりもっと上何ですかね。
    これはアベニーパファーを呼び寄せるタイミングですね。
    2015年10月26日 11:15
  • kimi

    ラムズが増えるということは餌が豊富ということで、餌を減らせばラムズの数も落ち着くと思いますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

    テデトールに限界を感じたら餌量の見直しを是非やってみてください♪
    2015年10月27日 13:50
  • サンザイン

    >シープネスさん
    水槽が小さい分、問題がすぐに顕在化してしまいますね。
    冷たい方程式は知りませんでした。
    興味あるので、ポチしました。
    ご紹介ありがとうございます。

    >YU-PAPAさん,kimiさん
    どうもエサの行きわたりバランスが悪いようです。
    ラムズは足も速く、嗅覚?(のようなもの)もあるので、
    すぐにエサを探し当てて群がるようです。
    それに引き換え、ビーシュリンプは餌付いていない可能性があります。
    難易度あげてしまった感があります。
    淡水フグは興味あるんですが、水槽がねー・・・
    あ、サテライト・・・
    2015年10月27日 20:47
  • ぱら

    こんばんは~(*´ω`*)
    ラムズってそんなに暴殖するんですね(゜ロ゜;ww
    レッドビーシュリンプ羨ましいです♡
    2015年10月28日 22:24
  • サンザイン

    こんばんは。
    ラムズは一晩で一気に増えるようです。
    全く知りませんでした。。。
    2015年10月30日 21:27

この記事へのトラックバック