ゴールキーパー・ハニードワーフ

話題を変えまして、ゴールデンハニドワーフの経過をレポートします。
一度は消えた泡巣ですが、他のオスが再び泡巣を形成し始めました。

1.jpg

隙がないよう見張っています・・・
が、隙を突いてメスがシュートを狙います。

でも、上から見る限り、ボール(卵)は無いですから~
残念!

20151031 (1).jpg


ゴールはどんどん広がり、水面全体を覆いそうな勢いです。

水流を弱めるため、フローパイプへの付け替えも検討しましたが、

その必要は無さそうですね。


20151031 (2).jpg


20151031 (3).jpg


よく見ると、ディフェンダーは2匹いるようです。

果たしてゴールは守れるのか!?



PR

この記事へのコメント

  • シープネス

    >隙を突いてメスがシュートを狙います。
    そのメスはゴールを破壊しようとしているのでは(笑)
    しかも本当にシュートした後は、キーパーがボールを独占する新しいサッカーになりますね(´・ω・`)

    婚姻色がバッチリ出ていて、オスは準備万端ですが
    後はメス次第ですね…朗報を気長に待ちましょう( ´Д`)
    2015年11月01日 07:25
  • サンザイン

    試合開始(メス同居)直後は
    メスが主導権を握っていたのに、
    いまではオスが主導権を握っているようです。
    ツン子がデレてオスにグラミーアピールしてるのに、
    オスはゴールを守ることしか頭にありません。
    グラミーの生態はよく分かりません!
    2015年11月01日 20:30

この記事へのトラックバック