ラミーノーズテトラの発色

ラミーノーズテトラは、良い環境で飼い込むと、
鮮やかに発色し、発色範囲も広がるようです。

1.jpg

この子たちは、動きが早く、じっとしていないので、
撮影が大変なんですが、何枚か撮ってみました。

20151116 (1).jpg


お店に足を運ぶ時も、しばしば観察して

自分の水槽のものと比較しています。


20151116 (2).jpg


・・・お店のと自分のでは、横に並べて比べないと

分からないのですけど、最初の頃に比べると、

発色が良くなった、ような気がするような気もします。


ガツガツ餌を食べる子らですが、動きも活発なせいか、

あまりメタボにならないようです。


なお、ストレスなどで体が黒くなることがあるようです。

体色は健康状態も表しているようなので、

日々の鑑賞と観察が重要ですね!






PR こちらも愛用しております

この記事へのコメント

  • YU-PAPA

    熱帯魚って優雅で美しいですね。
    ドジョウの観察日記を書いている者が恥ずかしくなっています。
    2015年11月16日 22:08
  • シープネス

    こんばんはーm(_ _)m

    今は亡きウチのラミーノーズに比べると顔の発色が広くて鮮やかな感じがします(´・ω・`)
    日々の鑑賞監察は大事ですね。
    私の場合、観察していても経験不足が致命的な結末をもたらしましたが( ´Д`)
    (導入時のネオン病を発見できず、結果的にラミーノーズ全滅)
    2015年11月17日 21:34
  • サンザイン

    こんばんは~

    >>YU-PAPAさん
    飼い込んでると愛着もひとしお。
    ドジョウくんも可愛くなってきてるのではないでしょうか?
    見た目や値段に寄らず、かわいい我が子が沢山・・・というと、
    言い過ぎ?

    >>シープネスさん
    病気対策は、やはり経験不足もあって、
    早期対処、生存率が上がっていません。
    あまり経験豊富にもなりたくないものですが、
    日々の観察で出来る限りは対応したいと思います。
    (それでもダメなら諦める)
    2015年11月18日 00:45

この記事へのトラックバック