エビシェルター導入

アースガルド(水槽名)にエビ用シェルターを導入しました。

20151215 (1).jpg

先日再導入したビーシュリンプですが、
やはり、食事のとき以外は足場が安定し、見つかりにくい
底の方を好んで生活域にしているようです。

20151215 (2).jpg


今回は、レッドビーシュリンプ導入後もCO2添加を続けていることもあり、
水草がよく育っています。

20151215 (5).jpg


横に伸びるスペースがなくなり、縦に伸び始めたグロッソスティグマ。

キューバパールグラスは埋まりつつある。

石の上のモスも、もはや、元の石頭が見えない・・・


20151215 (7).jpg


南米ウィローモスって、こんな形だっけ。
少しCO2絞った方が、きれいな逆三角形になるのかも。

と、まぁ、草原がジャングルになりつつあるので、
底に潜れる場所を人為的に作る計画です。

20151215 (4).jpg


こんな感じに置けば、グロッソの下に潜れるのではないかと。

まだ試行中ですが、うまくエビたちの生活域を広げられるようにしていこうと思います。


20151215 (3).jpg



PR

この記事へのコメント

  • ぱら

    お疲れ様です(・∀・)ノ

    ビーシュリンプかわええ♡

    2015年12月16日 12:27
  • ぱら

    すいませー!
    途中で押しちゃいましたww

    お洒落な隠れ家シェルターですね!!
    やっぱ、co2添加はフル装備ですか?
    2015年12月16日 12:29
  • シープネス

    こんにちはー
    流石に有茎草は育つのが早いですね
    ジャングルの中に立方体のシェルターがあると
    どことなく古代遺跡のような雰囲気を感じます(`・ω・´)

    2015年12月16日 14:18
  • kimi

    おじゃまします(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ビーシュリンプと水草の組み合わせは最強ですなぁ〜。今度は増えるといいですねぇ!
    2015年12月16日 14:58
  • YU-PAPA

    こんばんは。
    モコモコの中に良い空間できましたね。
    爆殖の予感がします。
    2015年12月16日 23:21
  • サンザイン

    コメントありがとうございます。

    まだ入れたばかりなので、
    風景が馴染んでいないようです。
    写真では手前に設置しましたが、
    トリミングの時間とれたときに
    奥のあまり目立たない位置に移設予定です。

    CO2は、磁気弁やタイマーは付けてません。
    出しっぱなしにして、夜間はエアで飛ばすという
    勿体ないことをしていますが、
    レギュレーター調整が下手なので、
    事故防止でそんな使い方してます。

    密林になっているので、まるで点呼できません。
    減っていなければよいのですが・・・
    2015年12月18日 21:04

この記事へのトラックバック