イシマキの最期

水槽立ち上げ初期からいるイシマキガイ。
彼らの1匹が、変わり果てた姿で発見された。

20160222 (2).jpg

中身がない。
ただの貝である。
どうしてこうかったのか、誰がやったのか。
その答えはすぐに分かった。

20160222 (1).jpg


この水槽立ち上げ初期からの同居人であった

シルバーシャーク・ストロンガーの口元に

今は肉となったイシマキの姿があった。

(糸ひいたまま、取れずに銀鮫は暴れていた)


現行犯逮捕されたシルバーシャーク・ストロンガーは

容疑を認めたものの、動機については

黙秘を続けている。





PR

この記事へのコメント

  • シープネス

    裁判長!冤罪の可能性が有ります
    石巻貝の純淡水下での寿命は平均で約1年…
    被害貝の石巻貝は天寿を全うした可能性が有ります!

    シルバーシャークに襲われた結果こうなったのではなく
    死亡した石巻貝の肉をシルバーシャークが食べようと試みた…という可能性はないでしょうか( ゚Д゚)ノ

    実は、死亡した石巻貝の中身をコリドラスが引っ張り出した…という話が有ります。
    石巻貝は死ぬと貝から中身がはみ出しますし、コリドラスは貝の肉に非常に興味を示すため
    石巻貝を襲うコリドラス…という誤解を招く姿になる場合が有るそうです

    (シルバーシャークは小型の甲殻類を好んで食べるそうなので冤罪でない可能性も有ります・・・( ゚Д゚))
    2016年02月22日 23:26
  • kimi

    こんにちは!

    石巻さん御愁傷様です(。-人-。)ナムナム
    石巻さんはふっくり返って起きれなくなった可能性もあります
    裁判長!サンザインさんの育貝放棄による被害の可能性もあります!(*´艸`*)

    石巻さんがいなくなるとガラス面のお掃除が大変かもしれませんね〜
    2016年02月23日 09:33
  • サンザイン

    おっと、
    検察側のサンザインが告発されてますね!

    被害に遭ったイシマキですが、
    水槽の中でも一番大きい個体で
    殻も浸食されており、老いていた可能性は高いです。
    また、事件の数日前からひっくり返る→手でもとに戻すを
    繰り返していたので、弱っていたようです。

    ストロンガーは、食べた事実は認めたものの、
    拾い食いしたに過ぎないと主張しており、
    殺貝を提訴するのは難しい状況です。
    2016年02月24日 01:15
  • あいなる

    ※フラッシュの光にご注意ください。

    サンザイン検察官!容疑者シルバーシャーク氏に冤罪の可能性があるとのお話ですが!これは、誤認逮捕ということでしょうか!?(パシャパシャッ)
    自然界ではこういった事例がよくあるとのことなのですが、その辺りはいかがお考えでしょうか!?(パシャパシャッ)
    シルバーシャーク氏が石巻貝氏を(ある意味)介抱していたと言う事はないんでしょうか!?真相のほどは、いかがなんでしょうか〜!(パシャパシャッ)
    2016年02月27日 10:05
  • サンザイン

    先日行われた記者会見によると、
    シルバー・ストロンガー・シャーク被告は
    捕食罪で告訴され(殺貝は不起訴)、
    検察は自然界の法則により、焼き魚の刑を
    求刑したとのこと。
    (週刊テルアライより)
    2016年03月02日 21:37

この記事へのトラックバック