サメ・シェルター

「陽の水槽」の暴君こと、
シルバー【ストロンガー】シャーク師から、
かよわいゴールデンハニードワーフグラミーを
守る企画の続きです。

前回の記事は → こちら

アク抜きで水槽に入れておいた流木の様子。
投入直後。

2.jpg

約1週間経過。

3.jpg

カメラ設定も同じハズなので、ブラックウォーター化している様子が
分かるでしょうか。
並べてみます。

1.jpg

流木をよく見ると、水面か出ている部分があったようで、
しかも、その部分が真っ白になってしまっています。

4.jpg

カルシウム分か?と、よくわからないまま、
一度沈めて1晩様子見。

5.jpg

なんか白華部分がドロドロになっています。
カビだったか?
溶けだした樹脂分かもしれませんが、
気持ち悪いので、取り出してタワシ洗い、
熱湯漬けにした後、設置作業に入ることにしました。

水苔の巻き付け作業の準備。

6.jpg

南米ウィローモス、プレミアムモスあたりを
用意し、糸で巻き付けてみます。

南米ウィローモスは、世界樹の葉を使いました。

7.jpg

南米ウィローモスは、三角の綺麗な形になります。

8.jpg

この水苔は、活着時にあまり小さく切ってしまうと、
枯れてしまうようです。
三角の形を確保したまま、巻き付けた方が良さそうです。

流木を仮り組みして、巻き付け方を決めます。

10.jpg
 ↑組体操、サボテン?

11.jpg

今回は、刺しゅう糸で巻き付けています。

12.jpg

まきまきまきまき・・・

13.jpg
 ↑上「ライダーキック!」 下「グワァ~、ヤラレター」?

まき終わりました。

早速、設置してみます。

14.jpg

左手のストレーナー手前に設置しました。
枝(ブランチ)2本で、角(ホーン)が出来上がり。

15.jpg

暴君の角が出ているときは、ここに避難してください。


PR







この記事へのコメント

  • 2017年05月26日 16:33
  • シープネス

    こんにちは~
    >南米ウィローモスは、世界樹の葉を使いました。
    世界樹の葉・・・言い回しがカッコイイ(`・ω・´)
    死んでも一回だけ生き返れそうです(笑)

    流木を組んだりしてレイアウトを考える時間が一番楽しいですよね
    避難シェルターの作成、お疲れさまでした( ´Д`)
    2016年04月17日 17:01
  • サンザイン

    ありがとうございます。
    「世界樹の葉」を言いたいがために
    命名した感もありますけどね(笑)
    生き返り効果つきだと、
    すぐに禿木になりそうです。

    これからまた、水苔の活着などの成長も
    楽しみです。
    2016年04月17日 18:33
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436764700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック