新企画!ベタの繁殖日誌

先にベタが逝った後、
寂しくなった我が机。

先日、お店へ新たなベタを探しに行きました。
お迎えしたのはコチラ。

DSC_0454.jpg

瓶が2つになってしまいました!
そうです。アピストの偶然の繁殖成功に
気を良くした私は、店にいたメスもお迎えし、
繁殖に挑戦します。

まだメスが小さく、現在は別々の瓶で飼育しています。
大きくなったらお見合いですが
もし相性が悪かったら・・・
瓶が増えるという、危険な賭けです。

果たしてこの挑戦は成功するのか・・・?


PR




この記事へのコメント

  • シープネス

    おぉぅ…今度はペタの繁殖ですか
    攻め攻めですねサンザインさん(;´Д`)

    最近はミニペタなる熱帯魚が日本上陸したそうで、シープネスは興味津々です
    でもなんだかんだで飼う機会は無いでしょうな…管理し切れる気がしないし( ´Д`)
    2016年08月07日 17:31
  • サンザイン

    まあ、ベタは管理が楽ですしね。
    それに、子育ては楽しいものです。
    2016年08月07日 17:45
  • kimi

    ベタの繁殖ですか、お見合いがうまくいって稚魚が大量に生まれたらボトルが大量に増えるわけですね(๑°ㅁ°๑)‼✧

    サンザインさん家がボトルだらけに…
    2016年08月07日 19:07
  • サンザイン

    >サンザインさん家がボトルだらけに…

    いいね!

    確かに、成功しようが失敗しようが、
    ボトルだらけになるのは避けられませんねw
    2016年08月07日 21:03
  • Tadasi

    水槽って、レイアウトし、サカナも入れて少し経つと、
    途端にやることがなくなってしまうので、
    他の新しいことをやりたくなるんですよねぇ。
    ワタシもベタの瓶飼育みたいなのは密かに考えてたんですが、
    手間も掛かりすぎず「ちょうどいい」感じがするんですよね。
    まぁ、サンザインさんみたいに繁殖とか考えると
    「ちょうどいい」の範囲を超えちゃうとは思いますが…^^
    2016年08月09日 12:19
  • サンザイン

    繁殖、子育てが目の前で観察できる、
    自分もその一端を担えるというのが、
    なかなか楽しいもので、その向きに舵をきりつつある
    私のアクアリウムです。
    まぁ、アクアリウムを始めたきっかけから考えれば、
    自然な選択な気もしました。
    2016年08月12日 23:35

この記事へのトラックバック