陽の水槽を移設

120cm水槽立ち上げに向けて、
計画を立案しました。

1.既存の60cm水槽を移設
2.水槽台を作製
3・120cm水槽を設置

この計画で行きます。
ここに至るまでの経緯を簡単に説明。

まず、120cm水槽はガラス水槽としました。
120cm x 45cm x 45cm ガラス厚は11mm
とても1人では持ち上げられません。

購入にあたり、運搬、設置の段取りと、日程調整を行っています。

次に設置場所。
既存60cm水槽が2台ある場所に置きます。
巾は変わりませんが、奥行きが増すので、今のままでは設置できません。
また、重量が増すため、それに耐える木製水槽台を作製します。

設置後の水質不安定、生体を合流させる手間と時間などを勘案すると、
既存水槽は、設置同日中に潰すことは困難だと判断し、
一旦、移設させます。

移設させておけば、新水槽の水づくり、レイアウト、水草育ても
じっくりできますし、移住する生体への負担も最小限に抑えられます。

と、いうことで、まずは陽の水槽を移設させます。


DSC_0646.JPG

イクゾー

DSC_0648.jpg

そして誰も居なくなった。
生体別にバケツやプラケース、普段使っていない小型水槽などに移しました。
そして・・・

DSC_0650.jpg

敷砂を変えたのと、バックスクリーンを外した以外は、ほとんど変えずに、そのまま移設に成功。
(しかし、随分と印象が変わるものですね)

これって、すでに、普通のリセット1回分の労力を費やしてるよね・・・

などと、考えているヒマは無いのですよ。ザー○ンさん。
水槽は、もう1つあるのですから・・・フフフ。


PR

この記事へのコメント

  • シープネス

    こんばんは!

    水槽台を…作製!?
    サンザインさん、建築士だったのですね、これは素晴らしい安心感です( ゚Д゚)b

    きっと桃園の誓いに巻き込まれ…いえ、望んで共に散ったヨウも報われるでしょう(正確には中身は散ってないですが(笑))

    いったいどんな水槽が出来上がるのか…これは次回も期待大です!
    2016年08月25日 03:00
  • サンザイン

    既存2つの水槽レイアウト、
    そのまま持ってくるつもりでしたが、
    藍藻退治や奥行きアップなどの理由により、
    再構築が必要なようです。
    とはいえ、新しいレイアウトを考えるのは
    楽しみが増えたということでもありますね。
    2016年08月25日 23:30

この記事へのトラックバック