石をレイアウト

今回は、陰の水槽で使っていた石を配置していきます。

DSC_0812.jpg

DSC_0827.jpg

以前の配置と同じような形にしています。
なんとなく、意思を継承した感じがしますよね?
(石だけに)

DSC_0829.jpg

手前には、小石を置いていきました。

DSC_0830.jpg

DSC_0828.jpg

石はまだ残っているのですが、
配置が定まらないため、今後、全体のバランスを見ながら
置いていく予定です。


PR

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

黒い溶岩!厚み20mm、大きさ0〜200mm3L(3リットル)
価格:1274円(税込、送料別) (2016/9/18時点)















この記事へのコメント

  • シープネス

    こんばんは~

    水槽のレイアウトってなんであんなに些細な差で
    全体の雰囲気がガラっと変わるんでしょうね(´・ω・`)
    流木や石の角度を10度ほど回転するだけでもイメージが正反対になる事も有りますよね

    そしてそこに魚が合わさる事で更なる化学変化が…
    レイアウト道は本当に果てしない・・・( ´Д`)
    2016年09月18日 21:37
  • サンザイン

    全くそうですね。
    配置ひとつで変化するだけでなく、
    水草などの成長で日々、勝手に変化しているので、
    これまた難しいです。
    また、見た目を重視するのか、
    生体の居住性を重視するのか、
    メンテナンス性を重視するのか、
    もちろんすべてが必要なわけですし、
    真理の追究は終わらない訳です。
    2016年09月19日 00:32

この記事へのトラックバック