「陰組」合流。120cm水槽

水槽に、仮設「陰の水槽」にいた
陰組を移住させました。
(陰の水槽 紹介記事 → こちら )

DSC_0828.jpg

陰組合流に際して、様々なドラマがありました。

ナワバリを奪われると勘違いしたアカヒレが、ラミーノーズテトラを追いかけたり、
アピストグラマの親子が、感動の再会を果たしたり、

DSC_0845.jpg

ゴールデンハニードワーフグラミーが、仲間と思って、
アピストグラマのメスにグラミータッチしたけれど、
頭をぺちぺちされたアピストグラマの方は迷惑そうだったり・・・
見ていて面白かったです。

DSC_0836.jpg

それにしても、我が家で生まれたアピストグラマ・ボレリィオパールの稚魚2匹も
大きくなったものです。

DSC_0831.jpg

DSC_0834.jpg

仮設水槽居住時には、サテライトに隔離していたのですが、
ご飯は栄養価の高いアルテミアを与え続けていたためだと思いますが、
すこぶる成長していたので、びっくりしました。
母親半分くらいのサイズまで成長しています。

DSC_0848.jpg

荒ぶっていたアカヒレも、今では落ち着いています。
皆、落ち着いて新しい生活が出来ているようなので、安心しました。


PR








この記事へのコメント

  • シープネス

    導入お疲れ様です~
    何やかんやでこのアピストの稚魚達も上手く育っていますね
    このまま第三世を見られる日も近いのかもしれません。

    グラミータッチってたまに、明らかにケンカの為に使ってる時が有りますよね…
    本人(魚)達は必死なんだと思うんですが、お互いの頭をペシペシ殴り合っていた姿を思い出します…( ´Д`)
    2016年09月19日 19:52
  • サンザイン

    少なからず、合流には恐れもありましたが、
    上手くいって良かったです。
    グラミータッチが喧嘩・・・のイメージはあまり受けないのですが、
    割とメスが積極的で、オスがちょっとご遠慮。。。
    というのは、よく見かけます。
    婚活女子ですね!
    2016年09月20日 04:35

この記事へのトラックバック