メラノタエニア・ハーバードアクセルロディをお迎え

メラノタエニア・ハーバードアクセルロディをお迎えしました。

DSC_0029.jpg


舌を噛みそうなカッコイイ名前ですね。
前回の記事のように、名前の連呼は避けたいですね。

DSC_0058.jpg

まだ発色していませんが、美しい橙色になるレインボーだそうです。
こちらも将来有望な魚です。

DSC_0025.jpg

10cm程度に育つ見込みの中型魚です。
仲間同士で泳いでいるので、大きくなれば、見応えもあるでしょう。

DSC_0057.jpg

流通量は少ないようですが、
レインボー自体、日本で人気ないためか、
高値で取引される種ではありません。

DSC_0055.jpg

実は、普段、撮影に使っている
デジイチのレンズが故障しまして・・・
(オートフォーカス動かない、ズームできない)
少々、癖のある写真になっているかもしれませんが、
ご了承ください。
直る見込みがナイ・・・


PR



この記事へのコメント

  • シープネス

    舌を噛みそ…かっこいい名前といえばクラウンキリーが有名ですね
    アレの正式名は「プセウドエピプラティス・アニュレイタス」です…召喚の呪文か何かかな?(; ´Д`)

    メラノタエニア・ハーバードアクセルロディって黄色やオレンジ系のかなり奇麗なレインボーになるようですね。
    しかし、メラノタエニア・ハーバードアクセルロディというか、日本ではレインボーフィッシュ自体がそこまで流行らないみたいですね、不思議です(´・ω・`)
    メラノタエニア・ハーバードアクセルロディを含めて新メンバーが続々導入されたので、今後の水槽がどうなるのか楽しみ…って名前呼びすぎですね('ω')
    2016年09月28日 05:42
  • サンザイン

    「我が奥義、受けてみよ!
     プセウドエピプラティス、アニュレイタス!!!」

    「オレの名はメラノタエニア・ハーバードアクセルロディ、
     皆からはロディと呼ばれている。」

    名前だけでも遊べるアクアリウムですね。
    2016年09月28日 21:26

この記事へのトラックバック