CO2添加装置を取り付け


CO2添加装置は、ヘアグラスを植えたころには既に取り付けてありますが、
改めてここで紹介します。

DSC_0108.jpg

ADAのCO2添加装置セットに
ビートルカウンター、
パレングラスです。

セットとビートルカウンターは、30cmCUBEから持ってきました。

ガラス厚が大きすぎて、アクリル台は水槽に掛けられませんでした!

DSC_0105.jpg

ビートルカウンターは、添加量を計る機材ですが、
遊びの(伊達)ものです。

#水草水槽 #co2 添加中 。 同じ添加量でも、拡散器で拡散具合は違うようです。#Ada #ビートルカウンター は #伊達 #パレングラス は実用

 ↑ インスタグラム投稿動画。クリックで動画が閲覧できます。

30cmCUBEで使っていた拡散器、ミュージックグラスでは、
さすがに、この水槽には小さいので、拡散器は新しいものを
採用しました。

φ40の拡散器です。

DSC_0104.jpg

そんなに変わるのか?とも思いましたが、
やはり、面が大きい分、拡散具合は大きく違うようです。

DSC_0101.jpg

この記事へのコメント

  • シープネス

    こんばんはー

    これってCo2の気泡がクルクルとガラス管内を泳ぐ間に水に溶け込むってやつですね
    見た目にも奇麗だし、効率も良いし、いいですねぇ
    どうにも私は不器用なので、こういう可憐な部品は割ってしまいそうで手が出ませんでしたが
    ブログ外で密かに水草やってる時にちょっと試してみればよかったかも…
    2016年10月02日 22:11
  • サンザイン

    こんばんは!
    そうなんです、割れやすいんです。
    既に、U字のジョイントグラスを割りました。
    CO2添加のパーツは、圧力がかかるから、
    エアポンプのパーツに比べて、接続がキツいんですよね。
    当然、力入れないと入らない訳で、丁寧にやったつもりでも
    パリっといってしまう。
    もう少し頑丈に作ってくれればよいのですが・・・
    アルミ製やステンレス製でもいいです><;
    2016年10月03日 20:44

この記事へのトラックバック