トリミング。茶ゴケが絡んでくる悩み。

120cm水槽の侘び草をトリミングしました。 水面まで伸びた草は、それはそれで見た目はよかったのですが、茶コケが絡まりやすく、コケをとっても、とっても、また絡んでキリがなかったため、水面に達している部分をカットしました。 が、この程度のカットでは、まだまだ絡んでくるため、もう少しカットするかも。 茶ゴケって、こんなに手ごわかったっけ? PR ミドリネット(粗目まち) ろ材ネット 2…

続きを読む

年末総決算大掃除!

2016年も残すところあとわずか。水槽のヨゴレは残さずに新しい年をお迎えしましょう。と、いうことで、大掃除します。 ううむ、このところ、忙しかったからな・・・茶ゴケに塗れています。 茶ゴケや、浮いてる枯葉をピンセットで取り除く。 誤吸引防止のプラ製ストレーナーキャップだけ残し、スポンジは外して、ゴミを外部式フィルターに吸い込んでしまいます。フィルター内の清掃は、また来年する予定…

続きを読む

クリスマスの準備はOK?ヒゲのおじいちゃんは何処からでもやってくる。

一時はフサフサになっていた、ショートヘアグラスのクロヒゲゴケ。沈静化してきました。 しかし、ヒゲはフタをしようが、窓を閉めようが、煙突が無かろうがやってくるもので・・・ ミクロソリウム!お前もか! このミクロソリウム、店の売れ残り 飼育水に十分慣れた水中葉だったはずですが、どうやらウチの水槽の水とは合わなかったようで、弱ったところに、雪が降り積もりました。実に幻想的な風景ですね。 …

続きを読む

稲穂を刈って餅にしよう。ショートヘアグラスのクロヒゲ被害。

亥の子 亥の子亥の子餅ついて繁盛せぇ 繁盛せぇ 水槽内のショートヘアグラスも稲穂が頭を垂れました。 ・・・違う、コレ、稲穂ジャナイ!クロヒゲゴケでした。 元々、水上葉で植えたショートヘアグラス。ほぼ水中葉に生え替わっていますが、枯れた水上葉にクロヒゲゴケが生えてしまっています。 放置しておけば、そのうち抜けるかと思っていましたが、全然減りません。仕方なく、ハサミで刈り取ることにしまし…

続きを読む

水草。ミクロソリウムを置いてみた。

120cm水槽も落ち着いてきたので、この辺りで新たな試みを。ミクロソリウムを導入します。 購入したのは、トロピカ社のポット。Pteropus 'Narrow' と 'Windelov' です。 配置はここに行います。 「何も活着させないのか?」と、疑問に見ていた方もいたかもしれません。この流木はデコボコしているので、当初から何かしらを活着させようとは思っていました。アヌビアス、ブセ…

続きを読む

レイアウト。侘び草の位置を変更。

どうも、左側ばかり繁っていて気になってきたので、左右の侘び草を取り換えてみました。 下は以前の配置です。 後ろのロタラは、まだまだ伸びきってない様子。と、いうか、水面を漂っています。 誰が悪さしているのか・・・ PR カミハタ アクアフィオーレ AQUA FIORE 水草用ピンセット 関東当日便価格:700円(税込、送料別) (2016/10/26時点)

続きを読む

CO2添加装置を取り付け

CO2添加装置は、ヘアグラスを植えたころには既に取り付けてありますが、改めてここで紹介します。 ADAのCO2添加装置セットにビートルカウンター、パレングラスです。 セットとビートルカウンターは、30cmCUBEから持ってきました。 ガラス厚が大きすぎて、アクリル台は水槽に掛けられませんでした! ビートルカウンターは、添加量を計る機材ですが、遊びの(伊達)ものです。  …

続きを読む

投げ込み式UV殺菌灯を取り付けてみました

以前の60cm水槽をリセットし、120cm水槽を立ち上げた理由のひとつが、ランソウとりに追われる毎日がイヤになったことは、以前書きました。 今回は、そのランソウ発生要因を永遠に駆逐すべく、近代兵器を採用したので、お知らせします。 「UVステライザー!」紫外線殺菌灯です。そして投げ込み式。本体を水槽に入れるだけでOKです。本来は60cm水槽用ですが、まぁ、細かいことは気にしない。 セ…

続きを読む

120cm水槽の照明計画

今回から、機材まわりの記事になる予定です。 まずは、もしかしたら、今まで御覧頂けてる方々の中には気になっていた方もいるかもしれない、水槽照明の話からです。 「私が望んでいるのは、カッコイイ照明器具ではなく、 光そのものだ」 誰かが言った言葉だったと思いますが、忘れました。 誰が言ったかではなく、何を言ったが重要です。水槽用照明器具には、実にカッコイイものが沢山ありますが、私が見たいの…

続きを読む

ラミーノーズテトラをお迎え

一連のお迎えシリーズは、今回で最後です。 ラミーノーズテトラをお迎えしました。 メジャー種で、すでに水槽内にもいましたが、今回のお迎えで、30匹の大所帯となりました。 ラミーノーズテトラは、元気に泳ぎ回るので、私が好きな魚のひとつです。 このたびお迎えした群は、よく人に慣れているようで、水槽の前を通るたび、エサクレアピールでついて来ます。 これは、他の魚にも効能がありま…

続きを読む

メラノタエニア・ハーバードアクセルロディをお迎え

メラノタエニア・ハーバードアクセルロディをお迎えしました。 舌を噛みそうなカッコイイ名前ですね。前回の記事のように、名前の連呼は避けたいですね。 まだ発色していませんが、美しい橙色になるレインボーだそうです。こちらも将来有望な魚です。 10cm程度に育つ見込みの中型魚です。仲間同士で泳いでいるので、大きくなれば、見応えもあるでしょう。 流通量は少ないようですが、レイン…

続きを読む

ハニードワーフグラミーをお迎え

ゴールデンハニードワーフグラミーと(ゴールデンじゃない)ハニードワーフグラミーをお迎えしました。 (ゴールデンじゃない)ハニードワーフグラミーは、ゴールデンハニードワーフグラミーの原種にあたり、どちらも同じような性格をしています。繁殖の場合、混血もあり得るかと思います。 このグラミーは、仕草が可愛らしくていいですよね。 両方同時に水合わせを行い、水槽に入れたところ、既存のゴール…

続きを読む