レッドライントーピードバルブをお迎え

120cm水槽はレイアウトも定まってきました。生体導入も、徐々にまとまってきましたので、ご紹介したいと思います。 今回ご紹介するのはこちら。 レッドライントーピードバルブです。東南アジア原産の コイの仲間で15cm程度まで成長するようです。動きは速いものの、温和な性格。 まだ小さいですが、中型に育てば、水槽に映えるでしょう。 色が似ているラミーノーズテトラと一緒に行動している…

続きを読む

水草選びに悩んだら・・・侘び草で決まり。

魚には白、肉には赤。それは誤った覚え方だ。 料理が軽いか、重いかで決めるのだ。それと、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」に明確な分類は無い。それは覚えておけ。 さて、今日は何にするか。今日の料理は・・・ 侘び草・・・水草・・・草・・・ 食えるか~~~!!! と、いうことで、侘び草です。溶岩石のくぼみは3つありますので、侘び草も3株用意しました。 固形肥料、詰め…

続きを読む

レイアウト。小物を配置して奥行きを出していきます。

流木や石を配置していきます。 ベランダビオトープで使っていたものです。ベランダビオトープ、あまりマジマジ観賞することがないので、持ってきてしまいました。(いろはめだかさん、ごめんなさい) こちらは、かつて陰の水槽に置いていた侘び石です。穴の中には詰め物がありましたが、取り除いています。この石、そのまま床の間などに置いて生け花にしてしまうのも面白そうです。 さて、レイアウトしてい…

続きを読む

キーワード「熱帯魚」「水替え」「大変」

水槽の水替えが大変?底の掃除もして、どんどん水槽がキレイなる水替えは楽しいけれど、大変だなんて、思ったことはありませんね。 そう思っていた時期が、私にもありました。。。  ※ 120cm水槽。実はまだ一度も水換えてない。 まず、どうやって換えればいいんだ!?バケツか?バケツ1杯でxxxリットル、水槽はxxxリットルだから・・・バケツリレーするにしても、誤って水槽にぶつけたら大変…

続きを読む

「陰組」合流。120cm水槽

水槽に、仮設「陰の水槽」にいた陰組を移住させました。(陰の水槽 紹介記事 → こちら ) 陰組合流に際して、様々なドラマがありました。 ナワバリを奪われると勘違いしたアカヒレが、ラミーノーズテトラを追いかけたり、アピストグラマの親子が、感動の再会を果たしたり、 ゴールデンハニードワーフグラミーが、仲間と思って、アピストグラマのメスにグラミータッチしたけれど、頭をぺちぺちされたアピス…

続きを読む

石をレイアウト

今回は、陰の水槽で使っていた石を配置していきます。 以前の配置と同じような形にしています。なんとなく、意思を継承した感じがしますよね?(石だけに) 手前には、小石を置いていきました。 石はまだ残っているのですが、配置が定まらないため、今後、全体のバランスを見ながら置いていく予定です。 PR 黒い溶岩!厚み20mm、大きさ0〜200mm3L(3リットル)価格:12…

続きを読む

PKO コケ無し平和維持活動

チャーム便で届いた、2つ目のつづらです。 保冷材つきで厳重に梱包されています。中身は・・・ コケとり野郎、Kチームでした!(Kチームとは・・・→ こちら )ヤマトヌマエビ + レッドチェリーシュリンプ生体の通販購入は初めてでしたが、さすがにネット通販人気店だけあって、しっかりと梱包されている印象を受けました。 ヘアグラスのお伴にどうぞ。 レッドチェリーシュリンプは、なんか…

続きを読む

水草を植える。ショートヘアグラスを植える。

つづらが2つ届きました。どちらから開くかね? 私は、生体、水草などに関しては、あまりネット購入を好まないのですが、今回は、いつも行く店に在庫が無かったという事もあり、アクアリウム関係では有名なネットショップチャームを利用してみました。 1つ目の中身は草です。 正に草です。ショートヘアグラス。すごいボリューム。水草というより、ホームセンターなどに売っている高麗芝の方を連想させます…

続きを読む

水草を植える。中景草を植える。

今日は草植えです。 前回、後景草として、ロタラを植えました。今回は、中景草を植えます。 最初は、いつぞやで使った、アラグアイア・レッドシャープリーフ・ハイグロです。この草は、やはりCO2添加が必須のようです。CO2添加水槽では育ちましたが、無しの水槽環境では、全く育たず、すぐに枯れはしないが、ただコケってました。今回の水槽では、CO2添加します。 流木の近くに植えます。 それ…

続きを読む

水草を植える。ロタラを植える。

それでは、水草を植えていきます。 の、前に、個人的にお伝えしたかった事。左右の大きな流木は、新たに仕入れたものですが、中央の角は、以前から「陽の水槽」で使っていたものです。配置も以前のままなので、何となく、意思を継いだ感じがしますよね?(すると言え) はい、では、草を植えます。 今回、植えるのは、後景草です。後景草という表現をしたのも、今回が初めてでしょうか!?今まで、奥行きスリム水槽…

続きを読む

新水槽の水質検査

この時間は、予定を変更し、水質検査の記事となります。「水草を植える」は、この記事投降後に、作成いたします・・・ 前回記事にて、試薬による水質検査の重要性について、指摘された気がするので、検査しています。(人様のブログで、phくらいは計った方がいい、とかコメントしていた サンザインは、過去のもの~♪) 静寂に包まれた闇の中から複数の影たちが現れた。 彼らこそ、シヤクである。 ???…

続きを読む

エーハイム外部式フィルターを設置

ソイルで多少の白濁が発生気味ですが、透明度は悪くないです。 流木は、煮沸はしていないものの、シャワーによる熱湯掛けをしたためか、思ったほどアクが出ている様子は見受けられません。(アクは水草育成に影響) ニオイから判断すると、水質は悪くない状態です。 この大きな水槽に、非常に小さな外掛けフィルダーだけだと心もとないので、エーハイム外部式フィルター(2215)を1基取り付けます。(最終的に…

続きを読む