大型CO2ボンベ、ミドボン接続

ついにミドボンを接続するときが来ました。 ミドボンは、近くの酒屋で買いました。 早速、接続していきます。 大型ボンベはガス漏れを起こすと非常に危険なので、説明書をよく読んでから接続しましょう。 必要な部材は、ミドボン(緑色大型ボンベ)、CO2添加装置(ADA、Doアクアのじゃないやつ)と アダプター(ADA)です。 説明書どおり、アダプターをミ…

続きを読む

エビが・・・

キャンプから帰ってくると、床にヤマトヌマエビが1匹。 ああ・・・飛び出したか、と思っていると、奥にさらに1匹。 これはおかしい、と、エビが入っている120cm水槽を観察すると、水槽内にも1匹亡くなっていました。 水槽周辺を調査。 どうやら、酸素を供給しているディヒューザーが上手く動作していない様子。 外出時、カーテンも閉め切っていたので、水槽内の水草が酸素を消費し、エビが生…

続きを読む

水槽用クーラー、稼働。

今日は暑かったですね。 気がつけば、室温が30℃を超えていました。 こうなってくると、エビたちの事が心配になります。 うちの120cm水槽には、水槽用クーラーを設置してあります。 そのクーラーが、今年はじめて自動稼働しました。 30℃を超えると稼働し、26℃くらいまで下げたら自動で停止します。 しかし、クーラーって、水槽内の熱を室内に移動させている訳なので、 …

続きを読む

吽形・阿形

ウィローモスが増えてきたので、 トリミングを行い、次の流木に まきまきします。 ADAの お高いミシン糸、モスコットンを使用していますが、 代用品はいくらでもあると思います。 ADAは無駄に高いです。そして、かゆい所に手が届かない・・・(苦情) モスが増えたら、巻くだけやから・・・ ホント、巻くだけです。 今回は面倒なので、結ぶのも止めましたw これ…

続きを読む

コリドラスをお迎え

コリドラスをお迎えしました。 コリドラス デュプリカレウスという種類のようです。 120水槽は、ショートヘアグラスが植わっているため、 ちょっとコリドラスには不向きかもしれませんが、 欲を抑えられませんでした。 慎重に水合わせをした後 やはり、ショートヘアグラスの上は居心地悪そう^^; 流木の影は、ソイルのままの場所もあるので、 大丈夫だと…

続きを読む

水草、アルテルナンテラ レインキーを導入

アルテルナンテラ レインキーを買ってきました。 120cm水槽の赤系水草が育たないので、 ポット売りの草を植えてしまいます。 トロピカのウール巻きポットです。 このウールを外すのが難しい・・・ 割と背が低いので、手前に植える事にします。 アクセントが付いて、華やかな水槽になりました。 (水草)組織培養1−2−GROW! アルテルナンテ…

続きを読む

緑髭ゴケの復讐

つらいことを知ってる人間のほうが、それだけ人にやさしくできる。それは弱さとは違う。 茶ゴケを粉砕したサンザインに、新たな敵が現れる。 120cm水槽に突如現れた、ヒゲ状の謎の植物。 果たして水槽の運命は!? デカ流木に出現した物体。 パターン、緑。ヒゲゴケです!!! これが噂に聞く、緑髭ゴケか。 アクアリウムを始めて、初めての敵となるこのコケ。 この戦…

続きを読む

ブッパ2がうるさい

久々に水槽用機材を購入しました。 この禁断の散財キット、銀のつづらに入っているのは・・・ ADAの水面クリーナー、ブッパ2です。 油膜とりに効果の高いこの商品、 油膜にそれほど苦労していない私がなぜ買うか? なんとなくカッコイイからです! 伊達物です! コスパなんて関係ありません! さっそく取り付け。 面白いのは、何故かこの商品、電源がUSBで出来て…

続きを読む

ソーシャルディスタンス

群泳するレッドファントムテトラ それぞれの個体で縄張りを持っているようで、 お互い社会的距離をとって生活しています。 この距離を縮めると、シバきあいが始まります。 それに比べて平和なゴールデンハニドワーフグラミー と、言いたいところですが、こちらも婚姻色がつき、 オス同士で揉め事が発生しています。 この2種の小競り合いを知ってか知らずか眺めるヤマトヌ…

続きを読む

茶ゴケの逆襲

120cm水槽。 最近の日課は、茶ゴケ取りになってしまいました。 ヘアグラスや有茎性に纏わりつく茶ゴケ。 プロホースやピンセットで取り除いていますが、 キリがありません。 時間が経てば、そのうち落ち着くと思っていましたが、 全く発生が止まらず。 もう我慢の限界です。 水槽を遮光して対応することにしました。 4日間の遮光。 エサやりの時だけ照明を…

続きを読む

ブセファランドラ活着

ブセファランドラ・カタリーナを買いました。 さっそく120cm水槽に配置したいと思います。 まずはポットから取り出して、根廻りについている グラスウールを取り除きます。 根を傷つけないように、慎重に取り除きました。 配置する場所を決めます。 今回は、中くらいの流木に取り付けたいと思います。 流木を水槽から取り出して、準備をします。 …

続きを読む